« コウモリダコ [学名 Vampyroteuthis infernalis] | トップページ | ツヨイタベモノ #02 - 基礎→応用 »

デメニギス [学名:Macropinna microstoma]

カテゴリ新設祝いとしてもうひとつ。

はじめて見ました。

このひともまたルール違反です。 頭がシースルー。
たいへん驚きました。

デメニギスの頭部は透明なドーム状の膜で覆われ、内部は液体で満たされている。
眼球は他のデメニギス類と同様に筒状となっており(管状眼と呼ばれる)、軸を回転させることにより前方-真上の範囲で視点を変えることができる。
通常は眼を真上に向けており、上方から差し込むわずかな光によってできる獲物の影を捉え、捕食するものとみられている。

- 中略 -

クダクラゲ類が捕食した獲物を横取りする習性をもつ可能性も指摘されている。

リンク: デメニギス - Wikipedia.

軸を回転させる?
何を言っているのか、さっぱりわかりません。

テクノ。

それにしても頭がスケスケなキモチってどんなでしょう。

お。きみ、いい脳みそしているね。
きみこそ、すてきな眼球だね。

|

« コウモリダコ [学名 Vampyroteuthis infernalis] | トップページ | ツヨイタベモノ #02 - 基礎→応用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164597/28809624

この記事へのトラックバック一覧です: デメニギス [学名:Macropinna microstoma]:

« コウモリダコ [学名 Vampyroteuthis infernalis] | トップページ | ツヨイタベモノ #02 - 基礎→応用 »